Simply

IOTA(アイオータ)とは?IoT

IOTA(アイオータ)は2016年07月にロンーチされた、IoTに特化して開発された仮想通貨(暗号通貨)です。わずかなデータ送受信と小額決済を実現させる為に開発されました。

IOTA(アイオータ)の特徴

ブロックチェーンの欠点の一つとして、どんな価値のトランザクションにも手数料が発生してしまいます。急速に発展し ている IoT 産業では、マイクロペイメント(きわめて小額の決済)の重要性が高まり、1円の価値しかないトランザクションに100円も手数料として取られてしまうような、取引される価値よりも 大きな手数料を支払うことは合理的ではありません。

そこでIOTA(アイオータ)はブロックチェーンでは無い、Tangle(タングル:【訳】もつれ)と名付けられた分散型台帳を開発しました。Tangleは新しいトランザクションがPoWで古い2つのトランザクションを承認していくと言う仕組みでマイナーが必要なくなり、手数料も要らない仕組みが作られました。

上の図では簡単に省略していますが、ブロックチェーンが一本で継続して行くのに対して、タングルは複雑に絡み合って行きます。絡み合った古い2つのトランザクションのデータと整合性を取って行くので改ざんされる危険性がきわめて低くなります。

今後展開は?

IOTA(アイオータ)のTangle(タングル)という分散型台帳技術は世界的に高く評価され、Microsoftや富士通などの大手企業20社以上と提携を結んだり、台湾の台北市と提携して市民サービスの提供に乗り出す予定です。

まとめ

様々な分野で期待されているIOTA(アイオータ)ですが、まだまだ発展途上の技術です。他にIot技術を搭載しているEthereum classicなどもライバルになるでしょう。

 

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.