Simply

ネオ(NEO)とは?

what-is-neo

ネオ(NEO)は中国発のオープンソースプラットフォームです。通貨単位は(NEO)。中国版イーサリアムと言われており、イーサリアムとほぼ同等な機能を持つ仮想通貨です。

元は、アントシェアーズ(Antshares)と言う名称の通貨でしたが、2017年6月にネオ(NEO)に名称を変更して、リブランディングされています。

ネオ(NEO)の特徴

ネオ(NEO)は、ブロックチェーン技術とデジタルアイデンティティを利用して資産をデジタル化し、スマートコントラクトを使用してデジタル資産の管理を自動化し、分散ネットワークで「スマートな経済」を実現する非営利のコミュニティベースのブロックチェーンプロジェクトです。

イーサリアム同様プラットフォームで、最近の仮想通貨に取り入れられている機能のほぼ全てが網羅されています。やりたい事があれば、ネオ(NEO)で全て完結します。この辺りはいかにも中国らしいと言えるでしょう。

また、ネオ(NEO)プラットフォームを使った開発コンテストなど行われており、活発に開発が行われています。

NEOには2つのトークンが存在する

プラットフォーム内で通貨が2つ存在します。NEOとNeoGasです。プラットフォーム通貨としてのNEOが取引所で取引され、プラットフォーム内でNeoGasがやり取りされます。
NEOの発行上限は最大1億NEOで、すでに6500万NEOが発行されています。NeoGasの方も上限1億NeoGasで、15~20秒で1NeoGasが生成され、約22年で全てのNeoGasが発行される予定です。

また、NEOを保有していると、NeoGasが配当されるというメリットもあります。

まとめ

まだ新しい通貨ですが、時価総額ですでに上位に着けています。中国と言う大きな市場に支えられ今後も成長して行くのではないでしょうか?中国の政策によって左右されるかもしれない恐れもありますが、今後も注目して行きたい通貨のひとつです。

 

 

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.