Simply

リップル(XRP)最高値50円台を突破!

リップル

本日リップル(XRP)がついに最高値50円台を突破!いったいリップルに何が起こったのでしょうか?

リップルロックアップ完了

まずは先週末(2017/12/8)にリップル社から「550億XRP」のロックアップ完了が報告されました。ロックアップとは文字通り鍵を掛けるって意味です。
リップル社保有の630億XRPの内の90%に当たる550億XRPがロックアップされたのです。そして55ヶ月に渡って、毎月1日に10億XRPずつ開放して行きます。使用されなかったXRPは月末に回収されまた、55ヶ月間再度ロックアップされます。
そうする事により、XRPの総発行上限数は「1000億XRP」なので、XRPは市場に出回っているものだけとなる為、XRPの市場供給量が算出しやすくなります。

参考:Ripple Escrows 55 Billion XRP for Supply Predictability

そして日本の大手銀行が送金実験を開始

本日(2017/12/13)暴騰はきっとこの発表が切掛けではないでしょうか?

三井住友銀行やりそな銀行など37の金融機関が、米リップル社の技術を活用し韓国の大手銀行2行と15日から送金実験を始める。複数の参加者が取引履歴を共有し認証しあうブロックチェーン技術を活用し、コストを30%近く削減し、即日で海外送金ができるという。早ければ来春にも日韓の間で実際に利用される。

なぜリップルなのか?今後は?

リップルは元々、金融機関向けに開発された技術です。簡単に言うと送金が早いのです。以前リップルの記事でも説明していますが、ビットコインがひとつの取引の処理に10分を要すのに対して、リップル(Ripple/XRP)は数秒で行われます。

将来的に金融機関でスタンダードで使用されるのが予測される為、現在よりは値上がりが期待出来そうな気がしますね。ただし投資は自己責任でお願いいたします。

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.