Simply

ビットコインの仕組み 中上級編 ー公開鍵と秘密鍵

公開鍵と秘密鍵
「ビットコインの仕組みー初級編」では、
P2Pネットワークと呼ばれる分散型ネットワークを使っているので、中央に管理者がいない代わりに、全世界のコンピュータネットワークで管理・監視してるよ、という話をしました。
では中上級編では、なぜ管理主体が存在しなくても安心してビットコインで取引できるのか、という視点で詳しく仕組みについて説明します。

公開鍵と秘密鍵で管理される

公開鍵と秘密鍵

まず、ビットコインでやり取りをするということは、取引記録を書き換えることでビットコインの持ち主が変わるという論理です。
つまり、あるビットコインアドレスに入金されているビットコインをほかのビットコインアドレスに移す、ということを意味しています。
データ上で安全にお金の移動ができるように、公開鍵と秘密鍵で管理されています。

公開鍵とは

他人に公開しても大丈夫な電子署名です。
この公開鍵から、いわゆる銀行口座のようなもの「ビットコインアドレス」を作ることができます。
普段、だれかに自分の口座へ送金してもらう時に口座番号を伝えますよね?
仮想通貨でも、ビットコインアドレスを伝えることで、送金がカンタンにできます。
公開鍵は秘密鍵を複雑な計算で暗号化しているので、公開鍵から秘密鍵を割り出されることはありません。
またの名を、パブリックキー(public key)。

秘密鍵とは

51の英数字の組み合わせで表されるパスワードのようなものです。
こちらは、絶対に他人に公開してはいけません。
秘密鍵をハッキングされるとビットコインの盗難にあう恐れもあるため、秘密鍵の保管は厳重にする必要があります。
またの名を、プライベートキー(private key)。
ビットコインは暗号化された電子署名で送信することで、送付者のなりすましや取引の改ざんを防ぐことができます。
具体的にこの公開鍵と秘密鍵がどのようにやり取りに使われるか説明します。
秘密鍵を作成すると、それに対応する公開鍵が自動で作成されます。そして公開鍵からは、ビットコインアドレスが作成されます。
例えば、
AさんがBさんに1BTC送りたいとします。
するとAさんは公開鍵を使って「送りたい」という情報を全世界に公開します。
同時に、この情報に秘密鍵をかけ合わせて、暗号文を作ります。
この暗号文は対応する公開鍵を使うことで元の情報に復号することができます。
Bさんはもとの元の取引情報と、暗号化された取引情報の二つの情報を手に入れることになります。
そして暗号化された情報は、公開鍵を使って復号されます。
この復元データが、元データと完全に一致しているか確認します(厳密にはハッシュ値というものを比較します)。もしも一致していることが分かれば、この情報を送ったのはAさんであることが確認できます。なぜなら、この公開鍵で復元できる暗号を作成できるのは、公開鍵に対応した秘密鍵をもった人物に限られるからです。そして、この秘密鍵を持っているのは世界でたった一人、Aさんのみだからなのです。
初級編で説明した通り、やり取り内容は全国のコンピューターで監視されているおかげでユーザー間で不正が起きにくくなっています。

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.