Simply

仮想通貨用語で出きる!一瞬で人をイラつかせる方法!

もう世の中仮想通貨、仮想通貨って騒いでますよね。SNSみても専門用語でポジショントーク。なんかイラッとしませんか?しかし、いつまでもイラッとしている側ではストレスが貯まる一方です。そこで今回は一瞬で人をイラつかせる仮想通貨用語をまとめてみました。良かったら実践してみてください!

アルトコイン

本来はAlternative Coin(オルタナティブ コイン)をどう聞いても「オ」なのですが、なぜか「アルトコイン」と呼ばれています。PCのキーボードの「オルトキー」で市民権を得ているのにもかかわらず「アルトコイン」と呼ぶの無知さ加減に軽く怒りを覚えます。

使用例:【アルトコイン何買えばいい?】

投資先を自分で決めれない不勉強さを前面に出して、さらに「アルトコイン」で追い討ちを掛けます。相手はかなりイラつかせる事でしょう。

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアム(Ethereum)はDAppsやスマート・コントラクトを構築するためのプラットフォームの名称ですが、どうやら通貨単位の名称「ETH」を知らないのかそのままイーサリアムと呼ぶ人が多く、古参のイーサリアムファンをイラつかせる事が出来ます。

使用例:【きのうイーサリアム下がったね!】

そもそもプラットフォームに上がったも下がったもねーよとイーサリアム信者はかなりイラつかせる事が出きるでしょう。

ウォレット

仮想通貨を入れて置く為の財布です。普通に財布を英語に置き換えた感じですが、日本では「サイフ」と呼ぶのがメインストリーム。ウォレットと聞くとそんなにはイラッとしませんが、合わせ技で来られると攻撃力は高いです。

使用例:【へえ、新しいリアルウォレット買ったんだ!】

ウォレットだけではさほど威力は無いですが、リアルとか形容詞が付くとかなり相手をイラつかせる事でしょう。

フィアット

法定通貨の事。日本で言うと「円」の事ですね。イタリアの自動車メーカーの事ではありません。仮想通貨界隈の人達はやたら使いたがる用語なので覚えておくとイラッとできます。

使用例:【そう言えば、きのうは一銭もフィアット使わなかったわー】

支払いにクレジットカードや、電子マネー、仮想通貨を当たり前に使用しているイノベーター層なんだと言うことを声高らかに周りに自慢してるところがイラつかせますね。

 

ゴックス

破産する。喪失すると言った意味で使用される。2014年に744,408ビットコインを損失し破産したマウントゴックスと言う取引所から来ています。仮想通貨に係わっていない人でもマウントゴックスの名前は聞いた事有るのでは無いでしょうか?ちなみにパスワードを無くしたりして仮想通貨が引き出せなくなる事を「セルフゴックス」と言います。この言葉も過剰に使用するとイラつかせる事が出来ます。

使用例:【最近彼女とゴックスしちゃってさ】

彼女と別れたと言いたいのでしょうが、その無駄に言葉を入れ替えるところが人をイラつかせます。

JPYマイニング

マイニングとはブロックチェーンの情報を書き換えるとに行われる演算作業の事で、それに対する報酬として仮想通貨支払われる事です。それを実際の労働に置き換えた仮想通貨界隈の人達が作った造語です。言葉自体がイラつきます。

使用例1:【今日は金曜日か!今週のJPYマイニングも終わりだなw】

使用例2:【はあ…月曜日はJPYマイニングやる気しないなぁ…】

どうでしょうか。一瞬で相手をイラつかせる事が出来ます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?これで明日から一瞬でイラつかせる事が出来ると思います。人は聞きなれない言葉に拒否反応を示してしまいます。仮想通貨がもっと広まって当たり前になればこう言った言葉もイラつく事が無くなると思います。早くそう言う時代がやって来る事を願って今後も何かイラつく仮想通貨があれば紹介して行きたいと思います。

 

 

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.