Simply

ビットコイン90万円台に… 連日の不安材料が原因か?

2018/02/02 ビットコインの価格は未明から値を下げ100万円台を割り、ついに90万円台に突入しました。連日のネガティブなニュースが不安を煽り値を下げているのではないかと考えられます。

CFTCがBitfinexとTetherの召喚

先日もお伝えしましたが、取引所であるBitfinexと仮想通貨USDTを発行するTetherはアメリカのデリバティブ取引の監督局である米国商品先物取引委員会(CFTC)に召喚されたと報道されました。

簡単にいうと、アメリカドルと対価の価値があるといわれていたUSDTが実はその価値が無く、制限なく発行し取引所であるBitfinex内でビットコインの価格を不当に引き上げていたんではないかとの憶測がなされています。

インドの仮想通貨全面禁止報道の課題解釈

インドの財務相が「仮想通貨は法定通貨として認めてない。非合法な行為の資金源などとしての仮想通貨利用の阻止に取り組む」と発言。これを受けてインドは全面規制と解釈した売りが殺到。

数日前にもインドの主要銀行は、仮想通貨取引用口座を封鎖したり機能制限しているのでそう取らえられてもおかしくはないが、あくまでも非合法な行為への取り締まりを強化するという発言であろうと考えられます。

今後の展開は?

コインチェック事件に始まり、様々なネガティブな情報が連鎖して大きく下げています。例年2月は春節前に大きく相場が下がっていますので2月後半までは低調な推移が続くのではないでしょうか?

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.