Simply

Weissの仮想通貨格付け結果!最高評価の通貨の共通点は?

ビットコインの法律

2018年1月24日23時に、ついに米大手格付け機関のWeiss Raitingsによる、初めての仮想通貨格付けが発表されました。

格付けはA~Eで評価され、A評価を受けた通貨は暴騰するのでは、と大変注目されていました。

A=excellent

B=good

C=fair

D=weak

E=very weak

ETH、EOSが最高評価で「B」

今回「A」は該当なし、最高評価を受けたのは、「B」を獲得したETH、EOS

次に評価の高い「B-」は、ADA、NEO、STEEM

注目のBTCは「C+」。

日本人に人気のXEMもBTCと同じく「C+」、 XRPは「C」であまり評価されませんでした。

上位評価を受けた通貨の傾向は?

  • ETH(イーサリアムのブロックチェーンを利用しアプリケーションを作成できるプラットフォーム)
  • EOS(分散型アプリケーションに特化したプラットフォーム)
  • ADA(Cardanoというオープンソースの分散型プラットフォームのコイン)
  • NEO(中国版イーサリアム)
  • STEEM(ブロックチェーンを利用したSNSのプラットフォーム)

上位評価を得た通貨は共通してプラットフォーム系です。これからはプラットフォーム系通貨に注目のようですね。

投資家の中では、A~E評価のうち、Cまでが合格点で買いかホールド、Dからセル評価となります。

Cまでの通貨をお持ちの方は市場回復まで待つのも手かもしれません。

 

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.