Simply

ミスターエクスチェンジ、東京ゲートウェイが金融庁に登録取り下げ

本日、金融庁へ仮想通貨交換業の申請を行っていた、「ミスターエクスチェンジ」と「東京ゲートウェイ」が金融庁に申請登録を取り下げました。

3月8日に登録申請取り下げた「ビットステーション」「ビットエクスプレス」「来夢」に続き、これで登録申請を取り下げた「みなし事業者」は5社へと増えました。

両社ともに、セキュリティーや体制などが金融庁の求める水準に達していなかったと為と報じられています。両社は顧客から預かっている仮想通貨や現金などの資産は従前どおり適切に管理しの返還手続きなどを経て、正式に交換業を廃止するようです。

現時点では、東京ゲートウェイの方はリリースを出していませんが、ミスターエクスチェンジは以下のリリースを出しています。

弊社は2018年3月8日に福岡財務支局より業務改善命令を受けた後、指摘を受けた項目について改善に努めてまいりました。その結果誠に残念ながら、現状では昨今の仮想通貨に関する情勢の変化に対応できるための万全な態勢を整えることが難しいと判断し、仮想通貨交換業の申請を取り下げる方針を決定しましたので、ご報告させて頂きます。

ミスターエクスチェンジ 仮想通貨交換業登録申請の取り下げについて

利用者保護の観点から観ると、より健全な業者が残って行くのはありがたい事ですが金融庁には、あまり締めつけるのでは無く技術促進とのバランスを取っていってもらいたいですね。

 

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.