Simply

ICO詐欺が流行り出してそうです

気を付けようICO詐欺

金融庁がトークンでの資金調達「ICO(Initial Coin Offering)」が持つリスクなどの注意喚起を行っています。最近、仮想通貨の概念が一般に浸透してきた事によってさらに詐欺案件が増えて行くのでは無いでしょうか?

ICOとは

一般に、ICOとは、企業等が電子的にトークン(証票)を発行して、公衆から資金調達を行う行為の総称です。トークンセールと呼ばれることもあります。

すでに身近に起こり始めている

今朝なにげに某SNSを眺めていたらタイムラインにこんな書込みがありました。

仮想通貨って何だろうと思って色んな人に聞いていたらスゴイ情報が入ってきた!
ついに私にもチャンスが来た!!
1つは、12/1にプレセール開始したばかりの暗号通貨
何と今なら0.1円ですって❗️
なのに、既に1億円以上買われているそうです。
爆買いする富裕層には制限しているみたいです。
日本人が緻密に計画した話も聞かせて貰いました。
2019年春に上場する確率が90%
最低でも20倍にはなるみたいです。
2つは、
来年夏に暗号通貨の取引所を第2のドバイで設立が決まっているところの、権利収入の話。
二人仲間を作ると、0円で権利収入が手に入る❗️第2の携帯電話の権利収入のようなもの
これ、確実にチャンスが来ましたわ。
興味がある方はDM下さいね。
クリスマスプレゼントにさせて頂きます。

見るからに怪しい文章ですし、文章の隅々に全くの知性を感じられませんね。 まるでマルチ商法の勧誘メールみたいですね。

詐欺に遭わない為には?

ICOに絶対はありませんが、見極めるポイントはいくつかあります。

サイトの造りはしっかりとしてるか?

有る程度リッチなデザインで作られているか?使いやすいか?で判断しましょう。開いた瞬間怪しいなと感じたら自分の感を信じてみましょう!

サイトの言語は複数対応しているか?

まず、日本語だけ、日本語と英語のみはかなり怪しいです。もし、あなたがICOする時どうしますか?仮想通貨に国籍はありません。世界的に見てお金持ってる中国語や、2番目に使用人口が多いポルトガル語も入れたいですよね?ここも判断材料になるでしょう。

すでにプロダクトが存在するか?

これはわかりやすいですね。最近のICOだとSolaと言うSNSのICOが開催中ですが、このサービスは以前「Plag」と言う名称で2014年からサービスを行っています。

そして、AMPLE!を言うコスプレイヤー特化のSNSもICO中です。ここも2012年からサービスを開始しています。

数年間の運用実績があれば、それだけ安心出きるのではないでしょうか。ほとんどのICOは新規の事業を行う為に実施されているので既存のサービスがICOを行うだけで安心感があります。

開発チームの欄にlinkdinのリンクがあるか?

linkdinのリンクが貼ってある事も大事です。経営者等の経歴が見れますのでこちらも判断材料になります。

ICOのレーティングサービスを見る!

いくつかICOのレーティングサービスが存在します。

ICORating
ICO BENCH
ICO COUNTDOWN
COIN JINJA

COIN JINJA 以外は英語ですがレーティング見るだけならわかると思いますので、一度興味あるICO案件をレーティングサービスで調べてみましょう。

騙されない為に

世の中簡単にお金が増えるなんてまずありません。投資で稼ぎたいのであれば、あらゆる情報を集めて自分自身で判断しましょう。自分でこれはと思うサービスがあれば買ってみるのも良いでしょう。くれぐれも投資者自己責任で!!

 

 

 

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.