Simply

ANAが出資する株式会社ACDがICO実施

ANAホールディングスが出資している、越境ECのプラットフォームを展開している株式会社ACDは2018年2月4日に独自仮想通貨の構築と2月15日からのICOの実施を発表いたしました。

プレスリリースによると、

ブロックチェーンを利用し、世界に向けた インバウンドEC展開の研究 ならびに特許でもある
事前通関システム の世界展開拡大や物流システム拡大
などに、ICOにより調達した資金を活用いたします。
同社はクリプトスクエア株式会社(東京都港区 代表取締役 阿部興一郎)との提携を行い、同社の
仮想通貨発行ソリューション REVOL を使い独自の通貨トークン発行や販売を行います。

クリプトスクエア株式会社のICOプラットフォーム「REVOL」を使ってICOを実施すようです。

株式会社ACDとは

ACD.Incは (株)ACDホールディングスとANAホールディングス(株)のJV企業。主な事業内容はマルチリンガルカート事業、事前通関用商品登録システム事業、国際宅配サービス事業と国と国をまたぐ越境ECシステムを提供しています。すでにオイシックス株式会社、株式会社フェリシモがマルチリンガルカートを採用しています。

REVOLとは

HPによると、独自暗号通貨(トークン)の発行から、ホワイトペーパー(目録見書)の作成、 ICOによる資金調達、国内外へのPRなど様々なサポートを 成果報酬型でリスクなく、ワンストップで提供するする新たなソリューションとの事。

ICOを行う時の一連の流れを包括して提供してくれるようです。クリプトスクエア社はICOで得た収益の一部を成果報酬として得る為成功への営業を怠る事はないでしょう。

またトークンの取引所としても機能するようなのでなかなかおもしろそうなプラットフォームだと思います。

まとめ

ANAの出資会社がICOと言う手堅い案件では無いでしょうか?国内では限られた仮想通貨しか扱いがない為、国内ユーザが海外の取引所に流れている実情があるので需要は有るのでは無いかと思います。「REVOL」のようなプラットフォームが活性化していけば手軽に投資出来て国内のICOも盛り上がりそうです。

sauce:
株式会社ACD http://www.a-cd.co.jp
クリプトスクエア株式会社 http://crypto-square.co.jp

 

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.