Simply

高配当を謳う仮想通貨は大体詐欺

日利1%以上の異常な高配当を謳っていたビットコネクトが、アメリカの一部の州から停止通告書を受け、取引所を閉鎖に追い込まれビットコネクトがただの電子ゴミになってしまいましたが、昨日そのビットコネクトが投資家グループから集団起訴されたそうです。

sauce : BitConnect’s ‘Crypto-Wonderland’ Hit With Investor Lawsuit

日利は1%異常

某SNSでも昔の知り合いがセミナー参加したやらって投稿が目に付くようになってきました。日利で数%入ってくるとかは99%は詐欺案件だと考えていいでしょう。

このような案件をHYIP(ハイプ)投資『High Yield Investment Program』(高利回り投資プログラム)といいます。それではこのような高配当の収入はどこから入ってくるのでしょうか?

それは後から入った会員が購入した資金が配当に割り当てられるのです。実際に初期段階では得た金利の引き出しは可能なところも多く、 これは出資者を信用させる為の手段として使われています。このようなプログラムではやがて限界が来てしまい、数ヶ月でサービスが存続出来なくなり、元金の回収がほぼ不可能になってしまいます。実際には初期の初期に入会していれば、儲かる事もあるらしいですが、セミナーで紹介している時点で手遅れです。

普通に考えて日利1%とかの配当を払うにはどれぐらいの収益を上げなければならないか少し考えればわかるでしょう。セミナーなどに参加して話を聞いていると判断力が鈍ってくるそうです。そういう場合は一度言えに持ち帰ってから信頼が置ける人に相談してから判断しましょう。

 

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.