Simply

ERC223とは?

erc223

ICOに参加したされた方は聞いた事が有ると思いますが、発行されたトークンの受け渡しの時に「ERC20準拠」と言う言葉を目にする事が多いと思います。前回は、そのERC20」について説明しましたが、今回はその「ERC20」をより発展させた「ERC223」について説明したいと思います。

ERC223について

ERC20」と同じく、イーサリアムの仕様について語り合われるコミュニティの223番目の提案書の事です。20から大きく数字が離れていますが大きな意味はありません。ここでは「ERC20」の欠点について話し合われ、改善点を実装するという内容の議論がされています。

ERC20の欠点について

ERC20では送金先に着金した時に何も処理が行われません。これでは間違った送り先に送金しても何も対応出来ません。実際今までで約3億5千万円程のETHやトークンが凍結されているようです。

相手を間違ってLINEを送ってしまったのと同じ状況だと考えてください。(最近相手が未読の場合のみ取り消し出来るようになりましたが。)

ERC20からERC223へ

普通に考えてこの仕様はおかしいと思いますよね?もう20年ほど使われているメールでさえ送り先がなかったら通知されます。そこで話し合われたのが「ERC223」になります。

ERC223」では、送った内容を確認して、間違っていれば元の持ち主の元に返却するという内容の仕様が追加されました。これで送ったETHやトークンが無くなると言うことがなくなり、より手軽な感覚で送金することが出来るようになる訳です。

まとめ

このように「ERC223」は「ERC20」の欠点を解決しており、後方互換もあるので今後は主流になって行くでしょう。ICOに参加する是非確認してみてください。

 

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.