Simply

IIJがデジタル通貨の取引や決済を行なう金融サービス事業に参入

2018年1月25日、IIJ(株式会社インターネットイニシアティブ)は仮想通貨の取引や決済を行なう金融サービス事業に参入すると発表しました。

プレスリリース

各業界を代表するリーディング企業との合弁会社「株式会社ディーカレット」(以下、「ディーカレット」、IIJ持分比率35%)を設立し、デジタル通貨(※1)の取引・決済を担う金融サービス事業に取り組むことといたしました。ディーカレットは、各出資会社と事業連携しながら、新たな社会インフラとしてデジタル通貨取引のスタンダードとなるサービスの提供を目指します。

ここで言うデジタル通貨とはビットコインをはじめとする仮想通貨や銀行が発行を検討している法定通貨のデジタル版等の総称のようです。

目的

改ざん不可能なブロックチェーンの技術により、仮想通貨の認知度が上がっていて、世界的に見てキャッシュレス化が遅れている日本で今後の発展が見込める為、今後デジタル通貨の取引所としてスタンダードとなるべく新会社を設立したようです。

出資企業がこれまたすごい面々となっています。

出資企業

株式会社インターネットイニシアティブ 野村ホールディングス株式会社
伊藤忠商事株式会社 東日本旅客鉄道株式会社
株式会社QTnet 株式会社ビックカメラ
株式会社ケイ・オプティコム 三井住友海上火災保険株式会社
SOMPOホールディングス株式会社 株式会社三井住友銀行
第一生命保険株式会社 三井不動産株式会社
株式会社大和証券グループ本社 株式会社三菱東京UFJ銀行
東京海上日動火災保険株式会社 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
日本生命保険相互会社 株式会社 電通

出資予定企業

ヤマトホールディングス株式会社

サービスイメージ

  • 仮想通貨や法定デジタル通貨と日本円と交換業
  • 支払いや送金、口座管理などを処理するネットワークの構築
  • 支払い時のインターフェイス側の構築

以上ようにデジタル通貨を使用する一連の流れのインフラ全てを構築するようです。サービスの開始は2022年予定。

PRだけ読んでるとすでに法定デジタル通貨の作成が既定路線のように感じました。その頃には仮想通貨の普及も行き渡っているのでしょうか?

スマホだけ持って出かけられる時代が直ぐそこまで来てますね。キャッシュレス時代の幕開けを感じます。

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.