Simply
ビットコインのシステム

ビットコインの仕組み(初級編)ー発行元が存在しないP2Pという技術

ビットコインとは、「全世界で共通して使える」「仮想」の「通貨」と説明をしましたが、
(参照記事→「ビットコイン(Bitcoin)ってなに?電子マネーと比較して解説!」)
もう少し仕組みについて説明します。

ビットコインには発行元が存在しない

私たちが普段使っている「円」という通貨は、日本銀行が発行しています。
つまり、円の発行元は日本銀行になります。

しかし、ビットコインという仮想通貨には発行主体や流通を管理する組織が存在しないのです。

ビットコインは発行や管理をする中央組織が存在しない代わりに、全世界のコンピューターが相互につながるネットワークを利用して管理をする仕組みとなっています。
(これをP2P(ピアツーピア)と呼びます。詳細はこちら→「P2Pとは何か?」)

ビットコインで取り引きされた全ての情報が、全世界のコンピューターネットワークに分散され保存されているのです。
全員でビットコインの取引を管理している、ということですね。
全員で管理しているため、全員で監視し合っている、とも言えます。

誰かがビットコインで悪さをしようとしても、常に全世界に監視の目が光っているので不正はできないようになっています。

中央組織が存在しない、と聞くと、最初は不安に思うかもしれませんが、

・世界中のコンピューターネットワークが繋がって、監視しあっているので不正されない
・中央機関が倒産したりして自分のお金(ビットコイン)が消える心配がない

という点は、円やドルなどの貨幣にはない安心を感じますね。

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.