Simply

OPSkins発、分散型取引プラットフォームWAXのホワイトペーパーを和訳&図解!

ゲーム内のアイテム取引に特化した分散型取引プラットフォームWAXが、世界最大規模のRMTサイトOPSkins(オプスキンズ)発だけあって、大変注目されています。

WAXはOPSkinsで取引されている数十億米ドル規模のアイテム取引を最新のブロックチェーン技術を採用し分散型台帳処理させることで、世界中のオンラインゲーマーがスピーディー且つセキュアに取引を行うことのできるバーチャルアイテムの取引市場を可能とします。

WAXでは、DPoS(Delegated Proof of Stake)を採用しており、「Guilds(ギルド)」や 「Transfer Agents(トランスファーエージェント)」などの役職も登場しますが、ホワイトペーパーにはイラストがなくなかなか理解するのが難しいので図解しました。

WAXのホワイトペーパーのうち、WAXの仕組みを理解するのに必要なパート(p.12~ WAX Protocol)のみを和訳&図解しています。

WAX Protocol:WAXプロトコル

WAXプロトコルは分散化ブロックチェーンソリューションであり、バーチャルアイテムおよびサービスのトランスファーと交換にフォーカスしています。

本プロトコルは急速に拡大するゲーム業界に貢献することにフォーカスしつつ、ゲームにかぎらず幅広いユースケースに適応可能な柔軟性を備えています。

WAXはネットワーク全体をサポートするとともに、それぞれが固有の交換モデルと移送条件を持った大量のゲームプラットフォームを利用する顧客の要望に答えることを目指しています。

こうしたマーケットの高いスループット要求を満たすために、選別された認証済ノードまたは1つのゲームにフォーカスした『ギルド』によるDelegated Proof of Stake(DPoS、詳細な説明は以下にあります)によるコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

WAX Tokens:WAXトークン

WAXトークン(マーケット略称:WAX)はWAXプラットフォームにおけるネイティブトークンであり、WAXプラットフォーム上でのすべてのアクティビティと機能をサポートします。

WAXトークンはプラットフォームにおける実質的な媒介であり、ユーザーが販売アイテム一覧に自身の保有するアイテムを掲載したり、ユーザー間での価値移動取引を実施したり、バーチャルアイテムの移動取引を確定したりといったアクションを可能にするとともに、契約の作成と行使、WAXギルドに対する提案、投票を可能にします。

WAXトークンアプリケーションはこうした機能にフォーカスするとともに、デジタル取引におけるセキュリティを一層強化します。

バーチャルアイテムの販売価格はWAXトークンにて記載されます。ユーザーがバーチャルアイテムを購入する際はWAXトークンで支払を行います。バーチャルアイテムが異なる通貨で記載されている場合は(WAXプラットフォームに接続されているサイトを通して)、WAXトークンは、購入時にその時の交換レートで、リスティングエージェントにより交換されます。

ひとつまたは複数のギルドに分配されるユーザーの投票の数は、ユーザーが保有するWAXトークン数と同じ数量となります。WAXトークンが移動した際には、投票の割当は移動した分だけ減少します。ユーザーが委譲する投票数を十分に維持するためには、WAXトークンを保有することが重要になります。

トランザクションおよび、メッセージ送信の際にはネットワーク手数料として少量のWAXトークンが必要となります。この手数料はETHにおけるガス代やビットコインフィーと同様に、ギルドがトランザクションをブロックに追加する際のインセンティブになります。

すべてのアカウントはWAXトークンを自身と他者との間で移送することができます。こうした取引は、トランザクションが承認される前に、アセットXをアカウントAからアカウントBに配置転換するとともに、アカウントAにアセットX分のWAXトークンの所有を強制的に生じさせます。WAXプラットフォームにおける、すべての移譲はWAXトークンにより実施されます。WAXトークンは18小数位(10〜18)まで分割可能で、WAXトークンの移送は将来的なバーチャルアイテムにおいてレバレッジを生じる可能性を許容するマイクロ決済を許容します。

WAX Accounts:WAXアカウント

WAXプラットフォーム上では4種類のアカウント『ユーザー』、『ギルド』、『トランスファーエージェント』、『コントラクト』が存在します。うち3種類のアカウントは外部のエージェントによりコントロールされており、残りの1種類は自立しています。それぞれのアカウントはWAXプラットフォーム上で、それぞれ異なる役割を担っています。

ユーザー

ユーザーアカウントはひとつの秘密鍵と、対応するアドレスをコントロールし、トランザクションの作成と署名を行います。ユーザーはデジタルアイテムと同様にWAXトークンをコントロールすることができますが他のユーザーによって、無効化されたアイテムのコントロールを持つことはできません。ユーザーアカウントの多くは売買取引所ウェブサイト(OPskins.comのようなサイト)によりプロキシされますが、ユーザーは直接WAXプラットフォームに作用することができます。

ギルド

ギルドはWAXプラットフォーム上のノードを認証します。またギルドはユーザーによるDPOSによって選出されます。それぞれのギルドはアセットのリスト化のためのマルチパーティ暗号化スキーマで使用される公開鍵暗号と秘密復号鍵と同様に、秘密鍵と対応アドレスにより作成されます。ギルドはトランザクションのブロックを生成し、これらのブロックに署名するとともに、WAXプラットフォーム上の他のギルドに配信します。この処理に対して、ギルドはブロック内で稼いだ手数料を受取り、手数料の一部を定期的にギルドのステークホルダーに分配します。

トランスファーエージェント

トランスファーエージェントはユーザー間でのデジタルアセットのゲーム内移譲を担っています。トランスファーエージェントアカウントは2つのHD(Hierarchically Derived)秘密鍵をコントロールします。1つめのHD秘密鍵はWAXトークンとバーチャルアイテムの移送と受領のためのマスターアドレスとチャイルドアドレスを生成します。2つめのHD秘密鍵はユーザーからのメッセージを受領するためのユニークな公開鍵の生成に使用されます。

このチャネルを通して、ユーザーは安全にバーチャルアイテムの送信・受取のためにゲーム内コンタクト情報と通信できます。トランスファーエージェントが決済実行コントラクトを受領するたびにWAXプラットフォームはHD鍵の反復を強制します。

コントラクト

コントラクトはWAXプラットフォーム宣言に収められたコードです。このコードは外部のエージェントアカウントによってのみ実行可能です。コントラクトはWAXプラットフォーム上で作成され、ただちに実行され、コントラクトアドレスと機能を返します。WAXプラットフォームは、プロポーザル、リスティング、決済実行、リクエスト、そしてバーチャルアイテムといった限られたコントラクトのみをサポートします。

Delegated Proof of Stake:DPoS

WAXプラットフォームはコンセンサスアルゴリズムとして、DPOSを採用しています。DPOSはBitSharesが最初に作ったコンセンサスアルゴリズムです。本システムでは高いトランザクションスループットを許容し、ネットワークのサポートと信用に対する信頼性を提供します。伝統的なProof of Workの仕組みとは異なり、選出された代理人に投票を行ったユーザーによって、認証するノードが選ばれます。

WAXトークンの保有者はWAXプラットフォーム上で『ギルド』と呼ばれる認証ノードの選定のためのプロポーザルをネットワークにサブミットすることができるようになります。ユーザーはすでに存在しているギルドと同様にサブミットされたプロポーザルによる『ギルド』候補に対しても投票することができます。WAXプラットフォームは初期段階にて、64の選出されたギルドをサポートする予定です。ギルドは投票された得票に応じてランク付けされ、プロポーザルにおいてサポートを表明したゲームによって重み付けされます。

WAXユーザーベースによるギルド選出(代理選出)への信頼は、安全で信頼できる取引を担保するのに十分な分散化をもたらします。ユーザーおよびギルド(ただしトランスファーエージェントは除く)は保有するWAXトークンをプロポーザルに担保として差し出すことができますが、彼ら自身の担保とすることはできません。

ユーザーは最大8つのプロポーザルに担保を提供することができます。またこの際、選択可能なのはゲームまたはゲームサーバーに対しては一つのプロポーザルです。これは1つのゲームが多数のホルダーによって不当な影響力を持つことを防ぐためです。ユーザーベースは異なる多くのゲームタイトルをサポートし、それによって、投票はたくさんの選挙権、ギルドに分散することが確約されます。

もしユーザーがギルドへの信頼を失いつつある場合、ユーザーは彼らの代理権をどの時点でも他のギルドあるいはプロポーザルに換えることができます。こうした変更はギルドステータスを即時の変更を強制するものではありませんが、ギルドをサポートするユーザーには通知が行われます。

ユーザーはリワードを受け取ることで、WAXトークンの代理権提供を促されることになります。ギルドをサポートするユーザーには、そのギルドが稼いだ手数料の一部が、ユーザーが提供した代理権に応じて、分配されます。このシステムはユーザーがDPOSを通じてネットワークをサポートする仕組みを実現し、またよりよいギルドの方針に投票を変更する機能を制限しません。

Guilds:ギルド

ギルドはWAXプラットフォームのノードを認証します。ギルドはラウンドロビン方式でトランザクションを承認する予定です。このようにすることで全てのトランザクションは少なくも1つの公平なグループによる承認が確約され、ネットワークのコンセンサスを維持することができます。一方、DPOSコンセンサスによるスピードと効率を維持することができます。

リリース段階において、WAXプラットフォームは64のギルドポジションが存在する予定です。ギルドポジション数は新たなゲームおよびサーバーのリリースに応じて増加する予定です。ギルドポジションは現時点でギルドによって代理されていない新しいゲームおよびサーバーに関するプロポーザルを提出するコミュニティによって、簡単に通知することができます。指定された期間内にこうしたプロポーザルが十分な投票を獲得できれば、ギルドポジションのリストは8まで拡大します。このバランスはギルドの数がWAXプラットフォームのユーザーコミュニティの数を凌ぐことを防ぎます。またユーザーの新規ゲームおよびサーバーに対する要求を優先順位付けすることができます。

コンセンサスだけでなく、ギルドはネットワークの健康を促進させる責任があります。選出されるギルドはまず始めに彼らが提供するゲーム、投票してくれるユーザーに対してシェアする手数料のパーセンテージ、そしてどのようにトランスファーエージェントをモニタリングするかについて、宣言するプロポーザルをネットワークに提出します。ギルドのプロポーザルが承認されると、そのギルドの公開鍵がゲームおよびゲームサーバーのリスティングに使用されるマルチパーティ暗号化スキーマに追加されます。

各ギルドはひとつのバーチャルアイテムプラットフォームゲームまたはゲームサーバーに集約されます。例えば、ギルドが「World of Warcraft」の「Aegwynn」サーバーのために形成される、といった具合です。よってこのゲームあるいはゲームサーバーのプレイヤーはそのギルドのプロポーザルからのサポートを受けるとともに、WAXのプラットフォーム全体をサポートします。人気のあるゲームおよびサーバーは1つ以上のギルドを形成することができ、それぞれのプロポーザルにおいて、複数の選択肢を提供することができます。

ギルドは購入リストおよびユーザーがトランスファーエージェントに対してコンタクト詳細の送信するためのトランスファーエージェントのアサインに対して責任を持ちます。バーチャルアイテム等の購入が発生した際、そのアイテムのゲームまたはゲームサーバーのギルドにトランザクションがアサインされます。ギルドは購入のためのトランスファーエージェントをアサインし、まずネットワークに承認されることで、受領済レコードとなります。この時点で、トランスファーエージェントはHDキーを繰り返し適用し、ギルドはトランスファーエージェントに対して、購入者と売却者のコンタクト詳細メッセージを暗号化します。このプロセスを円滑に進めるため、ギルドは購入者/売却者の近さ、最後のトランスファーのアサインからの時間、アクティビティレベル、現在アサインされた契約の実行総数、そして当然のことながら、トランスファーエージェントの評価スコアに基づき、トランスファーエージェント選出のシステムを考案します。

ギルドのトータル信用スコアはユーザーによる代理権の投票数と、そのゲームのアクティブなトランスファーエージェントの平均レーティングのコンビネーションに基づき算出されます。不正を行うトランスファーエージェントが増加した場合、ユーザーは別のギルドに代理権の投票をスイッチしていくことになり、最終的にはギルドが解散する方向に向かうことになります。ギルドは紛争をもたらすトランスファーエージェントをバンすることができます。

ギルドはリスト、交換、契約における手数料のパーセンテージを受けとることにより、高い質のサービスを維持するインセンティブが働きます。こうした手数料はギルドの承認ターンの間に、承認を行ったバーチャルアイテムにより稼ぐことができます。また彼らのプロポーザルで指定されたバーチャルアイテムによっては、追加ボーナスの支払いを受け取ることができます。このような仕組により、ユーザーベースの小さいゲームにおいても、公平な手数料ストラクチャが提供され、人気が高く、高価なマーケットプレースでの競争が促進されます。

 

Transfer Agents:トランスファーエージェント

トランスファーエージェントはユーザー間でのバーチャルアイテムの送信と受領を委ねるユーザーです。ひとりのトランスファーエージェントはひとつのゲームまたはゲームサーバーに対してのみ承認されます。そしてその関係性は変更することができません。また担保となるWAXトークンの提示が必要です。この担保は現在アサインされている決済実行コントラクトの総価値の25%を超えることはできません。決済確定サービスには、WAXトークンでの手数料の一定パーセンテージがリワードとして提供されます。

トランスファーエージェントはギルドに対して、積極的に追加の決済実行コントラクトを探し、現在オンラインであることを通知しても良いとされています。反対にトランスファーエージェントがそれ以上トランスファーエージェントとして、参加したくないとなった場合でも、まず自身にアサインされている決済実行コントラクトを完了させる必要があり、その後ギルドにリタイアの旨を通知することができます。リタイア後、担保として提示したWAXトークンは返金され受け取ることができます。

トランスファーエージェントはWAXプラットフォームで重要な機能を担っています。

トランスファーエージェントはゲーム内のバーチャルアイテム購入取引を制定する責任があり、以下のような役割を期待されています:

  1. アイテムのピックアップと配達をアレンジするために売り手と買い手とコミュニケーションする。
  2. 売り手に代わりバーチャル資産を管理する。
  3. バーチャル資産の信頼性を検証する。
  4. バーチャル資産を受領した旨、決済実行コントラクトに電子署名する。
  5. 買い手にバーチャル資産を送付する。
  6. バーチャル資産を配送した旨、決済実行コントラクトに電子署名する。

加えてトランスファーエージェントは他のトランスファーエージェントとユーザー間における紛争の仲裁人として呼び出される場合があります。こうしたサービスは買い手、売り手から評価されるため、トランスファーエージェントはサービスの質を高く保つとともに、リスクを排除しなければなりません。

トランスファーエージェントのアカウントは2つの公開鍵を保有しています。一つは他のユーザーと同様に、HD署名アドレスです。もうひとつはHD公開暗号鍵で、これによりユーザーはゲーム内のユーザーネーム、ロケーション、トレード用URL(例:Steamトレード用等)などをセキュアなメッセージで送信することができます。

決済実行コントラクトに対してトランスファーエージェントが選定された際に、買い手と売り手は通知を受け取ります。買い手と売り手は取引方法について、トランスファーエージェントに暗号化メッセージを送信することでコミュニケーションできます。トランスファーエージェントはメッセージに返信することができ、質問に回答したり、追加詳細を伝えることができます。このようにしてユーザーエージェントはゲームないでユーザーとリスクを最小化してやりとりすることができます。またトランスファーエージェントは買い手と売り手が相手を騙そうとするリスクから守ります。

Transactions and Messages :トランザクションとメッセージ

WAXプラットフォーム上でのトランザクションとメッセージはアカウント間でやりとりされる署名されたデータパッケージです。トランザクションは人間のユーザーまたは外部ボットのような外部エージェントとのコミュニケーション発信を指します。メッセージはトランザクションと似ていますが、WAXプラットフォーム上でのコントラクトによって実行されます。トランザクションおよびメッセージはいずれもギルドによる承認の際に、少量のWAXトークンが手数料として必要となります。

大まかに分類すると、WAXプラットフォーム上で3種類のコミュニケーションが発生します:ひとつはWAXトークンの移動、2つ目はコントラクトのデプロイ、3つ目はコントラクトの相互作用です。これらのコミュニケーションはいずれもその実施者に応じて、トランザクションまたはメッセージと呼ばれます。それぞれのコミュニケーションは以下の形式で記載されます。送信者は暗黙的に宣言において以下のように名付けられています。

ノンス:アカウントがやりとりするトランザクションおよびメッセージの数字

WAXフィー:トランザクションまたはメッセージタイプに関する手数料(WAXトークン)

To:受取アカウントの目的地アドレス

バリュー:移送されるアセットの数(ブランクでも可)

データ:WAXプラットフォームに対するコントラクトによるデプロイまたはインタラクションの実行指示。どんな変数も処理可能。ここでどんなアセット(WAXトークン、WAXT Tether、デジタルアセット)を移送するかを指示する。

署名:トランザクションまたはメッセージのECDSA署名。送信アドレスにより署名される。

Voting:投票

ユーザーが保有するWAXトークンをギルドまたはプロポーザルをサポートするために投票したいと考えた場合、投票はウォレットから簡単に行うことができます。ウォレットから「プロポーザル」を選択することで、現在のギルドおよび選択可能なプロポーザルを閲覧することができます。またWAXトークンの代理権の現在の割当状況についても確認できます。

ユーザーは最大8つのギルドまたはプロポーザルに投票することができます。この際、保有するWAXトークンに紐づく投票の割合は等しく分配されます。ユーザーは投票を実施する代理人を選択します。投票にはWAXトークンによる手数料が発生します。投票に伴うコストは8つの新しいギルドを選択する場合も、一つ追加する場合も同じです。

Contracts:コントラクト

コントラクトはWAXプラットフォーム上の実行可能なコードとして示されています。限られた数の予め生成された実行可能なコントラクトが存在しています。WAXプラットフォームの開発が継続される中で、新たなコントラクトおよびコントロール機能がプロトコルにマージされていく予定です。

Proposal:プロポーザル

プロポーザル・コントラクトはユーザーからの代理権のリストとともに、ギルドが認証されたノードになるための申請です。「プロポーザル」はユーザーにより実行されるトランザクションで、ネットワークに対して、認証されたノードとして選出します。

プロポーザル・メッセージは「ギルドがサポートするゲームまたはゲームサーバー」「ギルドと投票者との間の手数料シェアリングストラクチャ」「実行時にギルドアドレスとして機能するユーザーアカウントのアドレス」といった情報を含みます。最小10WAXトークンを保有するユーザーで現在8つのプロポーザルに投票していないユーザーが「プロポーザル」をコールすることができます。

プロポーザル作成時には、プロポーザルの作成者のアカウントからミニマムで10WAXトークンが自動的にプロポーザルに委任されます。プロポーザルは他のユーザーから委任権を受け取れるようになります。プロポーザルのランキングは投票数順に並びます。またギルドのステータスはギルドのスポット数と全体ランキングに応じて、権利を得たり破棄されたりします。

ギルドのプロポーザルが10WAXトークン以下の投票数になった場合、ギルドは即時解散となります。また残された資産は、投票を行ったユーザーに移管されます。ギルドがプロポーザルの内容を変更したい場合は、新たなプロポーザルをサブミットし、投票ユーザーに変更を通知する必要があります。

Rating:レーティング

ユーザー、ギルド、トランスファーエージェントはそれぞれトランザクション履歴と相互のやりとりに基づくレーティング・コントラクトを保有しています。リスティング、購入、直接送信など2つのパーティーが互いにやりとりする際、ユーザーを評価することができます。

レーティングは他のアカウントからの投票よりも手作業で作られています。個別のトランザクション、紛争、そして決済は集計され、アカウントが信頼できるアクションをする能力を計算するために使用されます。各アクションタイプはそれぞれ重み付けが異なっているものの、全体としてのレーティング数値はWAXプラットフォーム全体で活用可能なものとなります。

より多くのトランザクションが発生するにつれて、レーティングシステムは自動的にアカウントを調整します。良い振る舞いが継続的に続くといったパターンの場合、アカウントのレーティングは向上します。一方で短期間の悪い振る舞いであったとしてもレーティングは急激に下がります。

Listing of Virtual Goods:バーチャルアイテムのリスト

ユーザーアカウントはWAXプラットフォーム上で、自身のバーチャルアイテムリストを作成することができます。このリストは直ちに世界中のマーケットプレースに接続されます。リストに登録されたアイテムは誰でも検索できるようになり、WAX SDKを通じて、簡単にウェブサイト上に表示させることができます。

『リスト』はコントラクトトランザクションをコールします。このトランザクションはリストを作成します。トランザクションの実施の際には手数料として少額のWAXトークンが必要となります。加えて、バーチャルアイテムの買い手が訪れたウェブサイトのファシリテーターに対して、報奨金(リストフィー)が設定されます。

典型的なリストは、以下を含みます:バーチャルアイテムの名称、そのバーチャルアイテムが存在しているゲームまたはゲームサーバー名、リストが掲載されているメディア、価格。売り手からトランスファーエージェントへえと配送される配送時間も含まれます。配送に関わる費用はバーチャルアイテムの価格に反映されます。配送時間が短い場合は、手数料が高くなりますが、決済実行がエラーになる前に、短い時間で取引を完了することができます。

売り手のユーザーのコンタクト情報は各ギルドが所属するバーチャルアイテムのゲームまたはゲームサーバーの公開鍵を含むマルチパーティスキーマにより暗号化されています。ピックアップ用URLが含まれる場合には同様に暗号化されます。リストを作成したユーザーは後にリスト掲載をやめたい場合は、このコントラクトのキャンセル機能を使用することができます。その差異、リストフィーは返金されます。WAXフィーはコントラクト作成時にトランザクションを認証したギルドに報酬として支払済となるため、返金されません。

 

Purchase of Virtual Goods:バーチャルアイテムの購入

バーチャルアイテムの購入はリスト・コントラクトの機能の一つです。WAXプラットフォーム上のすべてのユーザーは、売り出し中のバーチャルアイテムのすべてのリストにアクセスすることができます。ユーザーは売り出し中のバーチャルアイテムを簡単にブラウジングすることができ、WAXプラットフォームブロックチェーンに記録されたアイテムの価格履歴を参照し、購入の意思決定をすることができます。

買い手が、バーチャルアイテムの購入をしたい場合、希望する数量と決済実行フィーを加算して、リスティング・コントラクトに購入のためのトランザクションを送信します。このような処理はWAXトークンを用いて、簡単に実行することができます。この際、WAXトークンは購入時に他の通貨に外部組織によって変換することも可能です。

買い手のユーザーは、彼らのコンタクトインフォメーションを各ギルドが所属するバーチャルアイテムのゲームまたはゲームサーバーの鍵を含むマルチパーティースキーマで暗号化を行った後、サブミットします。この際、ドロップオフURLが含まれる場合は同様に暗号化されます。

購入トランザクションが完了した際、決済実行コントラクトがメッセージを通してデプロイされます。

Settlement Execution Contract:決済実行コントラクト

決済実行コントラクトは購入機能が正常にコールされた後にリスト・コントラクトからのメッセージによりデプロイされます。購入されたバーチャルアイテム資産、購入に使用されたリスト、リストの詳細、そして暗号化されたコンタクト詳細が配信されます。またこの時、買い手が購入を行ったリストを掲載していた仲介者にリストフィーが送付されます。仲介者を介していない場合、リストフィーは売り手に返金されます。

あるゲームまたはゲームサーバーのギルドはアクティブリストからトランスファーエージェントをそれぞれ選定します。トランスファーエージェントは売り手からバーチャルアイテムを獲得し、買い手に確実に届ける責任があります。決済実行コントラクトに対してひとりのトランスファーエージェントが選定されます。

ギルドは暗号化されたコンタクトインフォメーションを含むメッセージを復号し、コンタクト詳細とタイムスタンプを含むメッセージをセキュアに暗号化し、トランスファーエージェントに送信します。トランスファーエージェントは買い手と売り手がゲーム上あるいはゲームサーバー上で相対するアレンジを行うか、ピックアップURLおよびドロップオフURLを通してバーチャルアイテムを配送するアレンジを行います。

どちらのケースにおいても、売り手はトランスファーエージェントに対してバーチャルアイテムを送付する必要があります。バーチャルアイテムの配送を完了後、売り手はトランザクションに署名を行い、決済実行コントラクトが取引を承認します。売り手がバーチャルアイテムの配送に失敗した場合、レーティングが下がります。評価のレーティングが低い場合、他のユーザーから無視されるようになります。また売り手のレーティングが著しく低い場合、ギルドによって、リストが排除されます。

トランスファーエージェントがアイテムを受領した際、バーチャルアイテムの信頼性を確認します。アイテムがリストに記載されたとおりの内容であった場合、トランスファーエージェントは決済実行コントラクトのメッセージに新たに署名します。トランスファーエージェントと売り手の両方の署名が実施された場合、売り手は購入代金にアクセスできるようになります。

バーチャルグッズが留保されている状態で、トランスファーエージェントは買い手に連絡を行います。連絡が完了した際に、バーチャルアイテムは買い手に送付されます。トランスファーエージェントがバーチャルアイテムのデリバリーを完了するとトランスファーエージェントによる2番めの署名が実施されます。その後、決済実行フィーがトランスファーエージェントに支払われます。

Dispute:紛争

トランスファーエージェントに対して、異議を申し立てる際、ユーザーは争点となっている取引額の半額を担保にコントラクトを作成します。トランスファーエージェントのアドレス、使用したリスト、決済実行コントラクトのハッシュ、アサインされたギルド等の追加情報は領収書に含まれます。ギルドは中立的なトランスファーエージェントを問題の仲裁者として選定しなければなりません。選任されたトランスファーエージェントは実行されたトランザクションをレビューし、必要があれば、ユーザーと当事者のトランスファーエージェントに追加の情報提供を依頼することができます。

これらの情報を使用して、仲裁人は調査に基づく結論を出します。

紛争コントラクトが正しければ、トランスファーエージェントが担保として提供しているWAXトークンから争点となっている取引額に10%加算した金額をマイナスします。仲裁者にはWAXトークンは支払われませんが、レーティングが向上します。

Transfer of Digital Goods:バーチャルアイテムの移動

一部のパブリッシャーはゲーム上のデジタルアイテムの作成と直接取引を許可しています。こうしたゲームおよびゲームサーバーについてはWAXプラットフォームはバーチャルアイテムをトークン化する予定です。こうしたトークンはバーチャルアイテムの代理となり、ユニークかつ代替不能です。こうした機能をWAXプラットフォームは、各トークンが生成される際にバーチャルアイテムの情報とメタデータを記録し、バーチャルアイテムをスマートコントラクトのトークンとすることで、実現します。

デジタルアイテムの信頼性付与のため、アイテムはリスト化の際にデジタル化されます。トークン化されたアイテムが購入された際は、アイテム資産は直接購入者に移動します。また売り手は直ちに購入代金を受け取ることができます。WAXプラットフォーム外のサービスでは、アイテム所有に関する条件がゲームおよびゲームサーバーの利用規約に適合した上で、2つのパーティー間での資産の移動が行われます。

OPSkinsは現在中央集権アプローチを採用しており、12のゲームをサポートしています。WAXプラットフォーム上で上記を実装することで、65のゲームがすぐにトレード可能になります。

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.