Simply

Enigma(エニグマ)とは?

Enigma(エニグマ)は「謎」を意味するプロジェクト。通貨の単位は「ENG」スケーラビリティとプライバシーの問題を解決することを目指す、セカンドレイヤーのオフラインネットワークです。

Enigmaプロトコルとは?

Enigmaプロトコルは、ブロックチェーン技術における2つの最大の問題、スケーラビリティ(早さ)とプライバシー(匿名性)を解決することを目指す為に、アメリカのMIT(マサチューセッツ工科大学)の卒業生と研究者で作られました。安全で分散化されたデータの計算と交換を可能にすることにより、ブロックチェーンの本来の力を引き出します。

真の分散化を目指す

中央集権のシステムは一ヶ所に全てのデータが集約されている為、セキュリティの脆弱性につながる可能性があります。 ブロックチェーンはこれらの問題を解決するのに役立ちますが、スケーラビリティとプライバシーという2つの大きな欠点があります。 ブロックチェーン上の現在のコンピューティング能力は低速で手数料は高価です。 さらに、画像などの様々なデータはブロックチェーン上に保存することはできません。ほとんどのデータは、ブロックチェーンの外部に保存する必要があります。 Enigma(エニグマ)の目標は、完全に分散化したアプリケーションを提供することです。

シークレットコントラクト

簡単に説明すると暗号化されたスマートコントラクトです。Ethereum上のスマートコントラクトは誰でもソースコード見る事が可能ですが、Enigma(エニグマ)上では暗号化されたままコントラクトを実行する事が可能です。より機密性の高いアプリケーションの開発が可能となります。

真の分散化アプリケーション

ファイナンス、ヘルス、個人情報、クレジットなどの市場は、Enigma(エニグマ)プロトコルの影響を受けるでしょう。エニグマプロトコルの最初のメジャーなアプリケーションは分散型でオープンソースなデータ市場です。中央集権によってコントロールされる事が無い真の分散化アプリケーションです。

 

enigma official site

 

 

 

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.