Simply

デジタルから現物まであらゆるアセットを取引可能な技術「カラードコイン」とは?

カラードコイン

カラードコインでは、ビットコインブロックチェーン上の取引データに付加情報を記録すことで仮想通貨以外の資産もブロックチェーン上で取引可能になります。

例えば、株式、証券、法定通貨やコモディティなど様々なモノの所有権をメタデータ層に書き込む(色をつける)ことで各アセットの所有権など他の資産と紐づけられた情報を記録します。

また、カラードコインは他のアルトコインのように独立したブロックチェーンで動作するのではなく、既存のビットコインブロックチェーンを応用し拡張機能をもたせたものであるため、ビットコインのトランザクションデータを利用し高いセキュリティで運用することが可能です。

カラードコインスタートアップ Colu

Coluはブロックチェーン技術をつかった地域通貨ウォレットサービスです。

(トークンはColu Local Network token (CLN))
ブロックチェーンを使い、地域通貨を通し地域のユーザーと商店をつなげることを目指すプロジェクトで、
様々な地域通貨を使い店舗で決済することができます。また、誰でも簡単に地域通貨を発行することができます。
Coluはカラードコインをベースになっており、デジタルな情報もフィジカルな情報もmetadataとしてブロックチェーン上に記録することができます。
Coluのホワイトペーパーはこちら

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.