Simply

ブロックチェーンとはどのような技術?

ブロックチェーン

ブロックチェーンは仮想通貨「ビットコイン」の核心となる技術

ビットコインの知名度が上がるのとともに注目度が高まってきたブロックチェーン。一体ブロックチェーンとはどのような技術なのでしょうか?
もともとブロックチェーンはビットコインとともに、ビットコインの考案者である「ナカモト サトシ」により考案されました。
日本語では、ブロックチェーンは「分散型台帳技術」あるいは「分散型ネットワーク」と呼ばれます。

ブロックチェーンの仕組みとは?

ブロックチェーンはその名前の通り、データ(情報)のブロックをチェーンのようにつなげて管理する仕組みです。すべての取引データをチェーンのようにつなげて保存していくので、日本語でいうと台帳となるわけです。
では分散型とはどういうことかというと、ひとつの中心となるサーバーが存在するのではなく、ネットワークに参加する複数の人が、データを持ち合い、取引の処理を行う仕組みになっています。
これまでのすべての取引が鎖状に連なっており、このデータをネットワークに参加する複数のサーバーが保有することで、改ざんが難しく、信頼性の高い仕組みとなっているわけです。

ブロックチェーンの技術は仮想通貨以外にどのように活用されている?

仮想通貨とブロックチェーンはセットのように扱われがちですが、もともとの考案された由来がビットコインであるため、当然仮想通貨で使用する技術として活用される例が多いものの、ブロックチェーン技術自体は仮想通貨以外にも活用可能なものです。
他分野への応用では、金融取引や資産管理など、やはり信頼性の高さが求められるサービスが多いようです。例えばダイヤモンドの形状をデジタル指紋に変換し、ブロックチェーンにダイヤモンドの認定書を記録し、取引の履歴をブロックチェーンに記録していっくといった活用方法も検討されています。

Follow us

Don't be shy, get in touch. We love meeting interesting people and making new friends.